INFORMATIONお知らせ

ドライガーデンには必須?!サボテン金シャチの魅力

2020.05.10

ドライガーデン

 

カリフォルニアガーデンやドライガーデンには必須アイテム?!の金シャチの魅力

 

黄色い棘とまん丸な姿が特徴で見た目が “可愛いく” ガーデンに使うと “かっこいい” サボテンの金鯱ですが生息地から見ていきましょう!

 

金鯱は“サボテンの王様”と呼ばれているそうです!より詳しい生態が気になります。

 

 

基本情報

■学名 Echinocactus grusonii
■和名 金鯱
■原産地 メキシコ メキシコの崖に生息
■生体 多肉植物
■耐寒性 あまりないです 5度目安

 

以前は多く生息していたそうですが、ダムの建設により絶滅危惧種に指定されているそうです。

 

今人気のドライガーデンや、サーファーズハウスなどのアメリカンなお家に植栽する際は、お住いの冬の最低気温を知ることが大事になりますね!
冬を越すために小さな小さなひとつのサボテンの為に、ビニールを被せたりすると越冬する可能性も高くなります!

 

5度以下にならない地域はなかなかないんじゃないか?と思う方がいると思うの越冬するためのポイントをお伝えします。

 

金鯱を地植えで越冬させる方法

 

 

まず一つ目ですが
サボテンが大好きで種から育てたりしてる方でもない限り、金鯱を地植えすることはプロにお任せすることをおすすめします!

 

1.土の改善 (入れ替え)
サボテンは乾燥に強く、湿った状態に弱いので、用土を乾きやすい用土に全部入れ替えます。

 

2.植える場所
サボテンは湿った状態に弱いので、常に日光が当たる場所に植えることで根が乾きやすい環境を作る。

 

3.強い風や北風にあたらないようにする
ドライガーデンにはマストアイテムの石を組み風よけを作る。これがあるとないとではだいぶ変わります。

 

4.小さい株ではなく大き目の株をチョイス
小さい株だといくら耐寒性の強い植物でも越冬することは難しいので、ある程度おおきくなった株を選ぶようにしてください。
ただ小さい株であればお安くお買いいただけるので、実験的に試してみるのはありかもしれません!

 

5.植栽する時期
ドライガーデンに使用する植物全体に言える事ですが、冬を迎える前には根をはらすようにする。
成長期に植栽することで、サボテンが土にしっかりと根をはらせることによって越冬しやすくなります。
なので、植栽の依頼やご自身で施工する場合はお早めにどうぞ。

 

6.雨どいがある場所
雨どいんどがある場所は雨が当たりにくいので、最低気温が低くなりやすい場合でも越冬しやすく可能性が高くなります。

 

 

以上の事をふまえて植栽に使うかどうかご相談ご依頼ください!

 

もちろん室内では越冬できるので、
サンルームなどに、背の高い大きめの鉢で管理するのもオシャレで良いと思います!

 

その場合は徒長(間延び)に気を付けて日の当たる場所で管理してあげてくださいm(__)m

 

マナズファームではドライガーデンやカリフォルニアガーデンの施工もお任せください!

 

金鯱サボテンの販売もしておりますので是非ご覧ください。

https://manas-green.com/items/5eaa5b49cee9ea6908957d1c

 

CONTACT

お問い合わせ

ガーデン・エクステリアに関するご相談・ご質問など、お気軽にお問い合わせください。

[TELEPHONE]

0429-41-6078

土日祝のみ 営業 営業時間 / 10:00 - 17:00
※ガーデニングのご相談の方は事前予約にて平日もお越し頂けます。

ACCESS所在地・行き方

埼玉県所沢市林2-473-1
駐車場 9台

電車でお越しのお客様
西武池袋線狭山ヶ丘駅徒歩20分
バスでお越しのお客様
狭山ヶ丘駅より 西路線(新所沢三ヶ島コース)
林小学校下車 徒歩1分
お車でお越しのお客様
圏央道 入間インターから5分